2019年12月度 輸送安全会議の様子

日翔通商では、毎月輸送安全会議を実施しております。

事故防止実施計画に基づき、安全教育を行っております。

国土交通省告示1366号にもとづく教育指導と、事故事例や車輌に搭載しておりますドライブレコーダーの画像を用いたKYT(危険予知トレーニング)をすることで、安全への意識を高められるよう取り組んでおります。

2019年12月4日(水)~開催された安全会議の様子です。

会議内容

1、令和元年11月度事故発生状況報告
2、指導内容[危険予測及び回避]
3、スマホ[ながら運転]違反・罰則強化12/1~
4、喫煙者による「たばこ喫煙規制葉タバコから加熱式タバコへ」の推進
5、KYT(危険予知トレーニング)

「ながら運転の厳罰化」

12月1日より「ながら運転」に対する違反・罰則が強化されました。

弊社においてもプロドライバーとしての意識を向上させ事故を防ぐとともに改めて注意喚起を行いました。

 

喫煙者による「たばこ喫煙規制葉タバコから加熱式タバコへ」の推進

健康増進法の受動喫煙に関する法律が改正され、2020年4月1日より全面執行されます。

弊社では既に室内は禁煙にし、屋外のみ喫煙所を設けており、非喫煙者の望まれない受動喫煙を防止するための対策をとっております。

喫煙者にとって完全禁煙までの道のりは厳しい状況ではありますが、健康へのリスクが高く、喫煙者だけではなく非喫煙者へもリスクが及びたばこの臭いや汚れなどはお客様が懸念を抱くこととなり、食品輸送を行う上での懸念材料は対策していかなければなりません。

弊社でも喫煙者に紙巻きタバコから加熱式タバコへ切り替えを推進しましたが、最終的には非喫煙者となっていくように完全禁煙に努めます。

厚生労働省 受動喫煙対策の詳細はこちらから。