2020年7月度 輸送安全会議の様子

日翔通商では、毎月輸送安全会議を実施しております。

事故防止実施計画に基づき、安全教育を行っております。

国土交通省告示1366号にもとづく教育指導と、事故事例や車輌に搭載しておりますドライブレコーダーの画像を用いたKYT(危険予知トレーニング)をすることで、安全への意識を高められるよう取り組んでおります。

2020年7月6日(月)~開催された安全会議の様子です。

会議内容

1、令和2年6月度事故発生状況報告
2、「貨物の正しい積載方法」~会社マニュアルに沿って~
3、飲酒運転根絶
4、小テスト

【荷積みについての注意事項】

汚れ・カートン不良・落下・荷崩れした製品は全損となります。
自分の運転を過信、養生手抜きにより、大きな製品破損事故を招くことになります。

製品を段積みする場合は、重量配分を考慮し偏荷重とならないようにすること。

偏荷重(重量の片寄り)はブレーキの利きの悪化や、横転の危険となります。
製品を段積みする場合は、積上げる製品は、重量の軽い端数製品とし、下段製品のつぶれを十分に配慮すること。

段積みする場合は、上段・下段ともに緩衝材を入れ、荷崩れの防止をしっかり行うこと。

前積みした製品との間にコンパネを立て、荷崩れを防止すること。

商品の破損は絶対にあってはいけません。

お客様の大切な商品を丁寧に扱うことを周知しました。