2020年8月度 輸送安全会議の様子

日翔通商では、毎月輸送安全会議を実施しております。

事故防止実施計画に基づき、安全教育を行っております。

国土交通省告示1366号にもとづく教育指導と、事故事例や車輌に搭載しておりますドライブレコーダーの画像を用いたKYT(危険予知トレーニング)をすることで、安全への意識を高められるよう取り組んでおります。

2020年8月8日(土)~開催された安全会議の様子です。

会議内容

1、令和2年7月度事故発生状況報告
2、指導内容「トラックの特性合わせた運転」
3、指導内容「適切な運行の経路及び経路における道路及び交通の状況」
4、ヒヤリハット報告
5、小テスト

【トラックの「車高」に合わせた運転】

トラックは、車高が高いことから、視界が広く見えますが、重心が高い、接触が多いなどの特徴を十分理解しましょう。

  • 視点が高く、手前の路面もよく見えるが、車間距離が長く感じ、知らず知らずのうちに車間距離をつめてしまい、追突事故の要因となる
  • 重心も高いため、不安定で横転する確率も高い
  • 車高の高さによる事故として、看板などへの接触や衝突を起こすことが多い

前車との車間距離を十分にあけ接近しすぎないスピードを出し過ぎない運行を心がけるように指導しました。